痩せの大食いで、怒りっぽくて、

甲状腺も腫れている…。ということで

動物病院の先生は

なんちゃんはバセドー病で間違いないだろうとおっしゃり

血液検査をしてもらいました。

 

そうしたら

バセドー病の数値はたいしたことなくって

(でも高値と書いてあったけど…。)

腎臓の数値のほうが深刻で、

いまは一日おきに

飼い主による皮下注射生活を送っております。

 

具合も悪いんだろうに、

あいかわらず家中を怒鳴り鳴き行脚していて、

おしっこの量が多くなるまで気が付けなかった。。

 

気休めじゃなく、ほんとにここからは

食べるもので生きられる長さが違うんだと

教えていただいたので、

腎臓サポートフードを出していますが、

かつお節を乗せないと怒って食べない。。

もう好きなものを食べさせてやりな、と夫は言いますが

もうちょっと、ご機嫌を取りながら模索したいのです。

 

がんばろ、なんちゃん。

 

 

 

愛の猫団子。

 

 

 

 

 

ありがとうございます

また遊びにきてね

(^_^)

 

 


にほんブログ村

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

 

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL